相続税対策としてのお仏壇の生前購入

相続税対策としてのお仏壇の生前購入 | ギャラリーメモリア東京日本橋

相続税対策としてのお仏壇の生前購入

相続税対策でお仏壇やお位牌を購入できるの?

相続税対策として、お仏壇やお位牌、仏具、お墓などを生前に購入することができます。これらの祭祀財産は、祖先崇拝の慣習や国民の感情を考慮して非課税となります。そのため、相続税の支払いが見込まれる方は、生前に購入しておくことをおすすめします。

非課税となる理由

日本の税法では、祭祀財産は個人の信仰や文化的背景を尊重するために、相続税の対象外とされています。これには、お仏壇やお位牌だけでなく、仏具やお墓も含まれます。生前にこれらを購入することで、相続税の節税効果を期待できるのです。

仏教における「逆修」の意味

仏教では、生前に葬儀や供養の準備を行うことを「逆修(ぎゃくしゅう)」と呼びます。逆修には、死後に準備するよりも多くの功徳があるとされています。具体的には、逆修は7倍の功徳を得るとされています。

逆修のメリット

  • 精神的な安心感:生前に供養の準備を整えることで、精神的な安心感を得ることができます。
  • 家族の負担軽減:遺族が葬儀や供養の準備に追われることなく、故人を偲ぶ時間を持てます。
  • 功徳を積む:逆修は大きな功徳を積むとされ、故人だけでなく家族にも良い影響を与えます。

生前購入のポイント

生前にお仏壇やお位牌を購入する際のポイントについてご紹介します。

信頼できる仏壇店を選ぶ

まず、信頼できる仏壇店を選ぶことが重要です。品質やアフターサービスを確認し、自分に合ったお仏壇を見つけましょう。

適切なサイズとデザインを選ぶ

お仏壇は、自宅のスペースやインテリアに合ったサイズとデザインを選ぶことが大切です。事前に設置場所を測り、相談することをおすすめします。

まとめ

相続税対策としてお仏壇やお位牌を生前に購入することは、非課税となる大きなメリットがあります。さらに、仏教の教えに基づく「逆修」の実践は、精神的な安心感や家族の負担軽減にも繋がります。信頼できる仏壇店を選び、適切なサイズとデザインを考慮して、早めの準備を心掛けましょう。