浄土宗の仏壇の飾り方

浄土宗の仏壇の飾り方 | ギャラリーメモリア東京日本橋

浄土宗の仏壇の飾り方

浄土宗について

浄土宗は、鎌倉時代に法然上人が開いた仏教の宗派です。阿弥陀如来の慈悲に身を委ね、「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えることで、日々の安らぎを得て極楽浄土に往生できると説かれました。このシンプルで力強い教えは、多くの人々に受け入れられ、今日まで続いています。

浄土宗の宗派

法然上人が開いた浄土宗は、長い歴史の中でいくつかの分派に分かれました。明治時代には、鎮西派が中心となって宗教法人浄土宗としてまとまりました。その他にも浄土宗西山派、西山浄土宗、そして親鸞聖人が開いた浄土真宗などがあります。

以下は主要な浄土宗の本山です:

  • 総本山:知恩院(京都)
  • 大本山:増上寺(東京)、金戒光明寺(京都)、知恩寺(京都)、清浄華院(京都)、善導寺(福岡)、光明寺(神奈川)、善光寺大本願(長野)

浄土宗の仏壇の飾り方

浄土宗の仏壇は、中央にご本尊である阿弥陀如来をお祀りします。右側には中国で浄土教を確立した善導大師、左側には宗祖の法然上人を飾ります。この配置は、浄土宗の教えを象徴するものであり、家庭での礼拝をより深く意義あるものにしてくれます。

地域や家族の伝統により、飾り方には多少の違いがありますが、基本的にはこの配置が推奨されています。ギャラリーメモリアでは、浄土宗の仏壇の飾り方についてのご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。