古い位牌の処分について

古い位牌の処分について | ギャラリーメモリア東京日本橋

古い位牌の処分について

古い位牌の処分方法

長年にわたって大切に祀られてきたお位牌も、時には処分を考えなければならないことがあります。古い位牌の処分方法について、適切な手順をご紹介します。

お寺でのお焚き上げ

古い位牌の処分は、仏壇店ではなく、お寺に相談するのが一般的です。お寺では「お焚き上げ」という供養の儀式を行ってくれます。お焚き上げでは、古い位牌やお札を供養して焼いてもらえます。汚れたり破損した位牌も、新しいものを作り、同様にお焚き上げをお願いしましょう。

先祖代々の位牌として合祀

破損しているわけではないけれど、五十回忌を過ぎた位牌は、先祖代々の位牌として合祀することが一般的です。この場合、「総位牌」と呼ばれる大きな位牌を新たに作り、複数のご先祖様の位牌をまとめます。これにより、お仏壇内の整理がしやすくなります。

お焚き上げ後の灰の扱い

お焚き上げで供養した位牌の灰は、慎重に扱うことが大切です。灰は墓地の片隅に埋める、または川や海に流すなどの方法があります。長年にわたりご先祖様の魂が宿っていたものですから、丁寧に処理しましょう。

まとめ

古い位牌の処分は、お寺でのお焚き上げや、先祖代々の位牌としてまとめる方法があります。いずれの方法も、ご先祖様への敬意を忘れずに丁寧に行うことが大切です。ギャラリーメモリア東京日本橋では、位牌の処分や新しい位牌の作成に関するご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。