位牌分けについて

位牌分けについて | ギャラリーメモリア東京日本橋

位牌分けについて

位牌分けの習慣とは?

通常、お位牌は一人につき一つですが、中部地域や関東の北部地域では、故人の子供の数だけ位牌を作る習慣があります。これは跡取りの家だけでなく、全ての子供に位牌が配られるため、家族全員が故人を供養できる形です。

男女の差がない位牌分け

位牌分けの習慣には男女の差がなく、嫁いだ女性にも位牌が配られます。嫁ぎ先のお仏壇で故人を祀ることで、どこにいても故人を敬うことができます。

位牌分けの方法

地域によって異なりますが、親が亡くなった場合、嫁いだ姉妹や分家した兄弟が集まり、喪主から位牌が分けられます。既婚者に限られる場合が多いですが、この習慣により家族全員が供養に参加できます。

まとめ

位牌分けの習慣は、家族全員が故人を供養できるようにするための大切な伝統です。地域によって異なる点もありますが、男女の差なく、どこにいても故人を祀ることができるのは素晴らしい習慣です。