お位牌はいくつ作ってもいいの?

お位牌はいくつ作ってもいいの? | ギャラリーメモリア東京日本橋

お位牌はいくつ作ってもいいの?

複数のお位牌を作る理由

お位牌をいくつ作っても、宗教上も法律上も問題はありません。例えば、兄弟が多く、それぞれ遠方に住んでいる場合など、両親の供養がなかなかできないといった状況があります。このような場合には、複数のお位牌を作成し、それぞれが供養を行うことが勧められています。

お位牌の種類と選び方

お位牌にはさまざまな種類があります。伝統的な形のお位牌に加え、最近では携帯型位牌や持ち運びのできるガラスの位牌などもあります。これらは、戒名や故人の写真を入れることができ、分家の方でも手軽にお位牌を持つことができます。

毎日の供養と感謝の心

お位牌を通じて故人を身近に感じ、毎日手を合わせることは、大切な供養の一環です。ご先祖様に感謝の気持ちを込めてお祈りすることで、いつも見守られているという安心感を得ることができます。

まとめ

お位牌は複数作っても問題ありません。ご家族の状況に合わせて、適切な形や数のお位牌を選びましょう。ギャラリーメモリア東京日本橋では、お位牌に関するご相談を承っております。お気軽にご相談ください。