お位牌のサイズはどのように選べばいい?

お位牌のサイズはどのように選べばいい? | ギャラリーメモリア東京日本橋

お位牌のサイズはどのように選べばいい?

お位牌のサイズ選びの基本

お位牌のサイズ選びは、お仏壇の大きさに合わせて行うのが一般的です。基本的なサイズは4.0寸で、この「寸」はお位牌の総高ではなく、札板(文字を書く部分)の高さを示します。台座の高さによって全体の高さが変わります。

ご本尊の高さを超えないように

お位牌を作る際に最も重要なのは、ご本尊の高さを超えないようにすることです。お仏壇で最も重要なものはご本尊であるため、「ご本尊の総高 > お位牌の総高」という順序を守りましょう。

ご先祖様のお位牌とのバランス

既にご先祖様のお位牌がある場合、新しく作るお位牌がそれよりも高くならないようにすると良いです。新しいお位牌をあまり小さくしすぎると、後に作る位牌がどんどん小さくなってしまうため、適度な大きさを選ぶことが大切です。

ご本尊の目線を超えないように

お位牌の高さはご本尊の目線を超えないように作ると、全体のバランスが良くなります。ただし、お仏壇の内部の段数が少なく、ご本尊の脇にお位牌を置く場合は、ご本尊の目線を超えても問題ありません。その場合も、ご本尊の総高を超えないように注意しましょう。

まとめ

お位牌のサイズ選びは、ご本尊の高さを基準に決めることが重要です。ご本尊や他のお位牌とのバランスを考慮しつつ、適切な大きさのお位牌を選びましょう。ギャラリーメモリア東京日本橋では、お客様に最適なサイズを提案し、出荷前に確認いたしますので、安心してお任せください。