お仏壇購入後の入魂について

お仏壇購入後の入魂について | ギャラリーメモリア東京日本橋

お仏壇購入後の入魂について

入魂が必要な場合

お仏壇を購入しただけでは入魂は必要ありませんが、ご本尊(仏像や掛け軸)やお位牌を新たに購入した際には、お寺様に入魂していただく必要があります。

ご本尊の入魂

ご本尊(仏像や掛け軸)を新しく購入したり、お墓を建てた際には、僧侶に依頼して開眼法要を行います。この儀式によって、ご本尊に魂を入れ、信仰の対象とすることができます。開眼法要は「入魂式」「魂入れ」とも呼ばれ、「仏様の目を開く」儀式です。

浄土真宗では本尊に魂を込めるという概念がないため、開眼法要は行わず、「御移徙(ごいし)」という慶事の法要が行われます。家に本尊を安置することはおめでたいこととされ、開眼供養は紅白の熨斗袋を用います。

お位牌の入魂

お位牌の入魂は、49日法要までに行います。仮のお位牌「白木位牌」と新しく作った「本位牌」を用意し、法要の際に入魂していただきます。お位牌の入魂に際しては、「お布施」の熨斗袋を用います。

法要の際に必要なもの

  • ご本尊(仏像・掛け軸)
  • お位牌(仮のお位牌と本位牌)
  • 熨斗袋(紅白の熨斗袋やお布施の熨斗袋)

入魂のまとめ

49日法要や新盆、一周忌、三回忌などの機会に合わせてお仏壇を購入し、開眼法要と各種法要を同時に行うことが一般的です。その際には、僧侶にお位牌やご本尊に入魂していただく旨を事前にご連絡しておくとスムーズです。ギャラリーメモリア東京日本橋では、入魂に関するご相談も承っておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。