お仏壇の設置場所について

お仏壇の設置場所について | ギャラリーメモリア東京日本橋

お仏壇の設置場所について

家族が毎日拝める場所を選ぶ

お仏壇の設置場所を選ぶ際には、家族が毎日拝むことができる場所が最適です。従来は和室の「床の間」や「地袋(床の間の脇の小戸棚)」に設置するのが一般的でしたが、現代の住宅事情に合わせて、リビングルームなど洋間に設置する方も増えています。モダン仏壇は洋間に置いても違和感がなく、家族が集まりやすい場所に設置することで、日々の祈りが習慣化しやすくなります。

設置場所の注意点

お仏壇は木材で作られているため、冷暖房の直射や直射日光が当たる場所は避けましょう。これらの環境は、仏壇の劣化を早めてしまう原因となります。また、湿気の多い場所も避けるようにしましょう。

神棚とお仏壇の配置

同じ部屋に神棚とお仏壇を設置する場合、神棚とお仏壇が向かい合わないように注意が必要です。どちらかを拝む際に背を向けることになるため、「凶相」と言われています。神棚とお仏壇を同じ部屋に置く場合は、並べて置くか、L字型に配置することをお勧めします。

まとめ

お仏壇の設置場所は、家族が毎日拝める場所を選ぶことが最も重要です。リビングルームなど家族が集まりやすい場所に設置することで、日々の祈りが習慣化しやすくなります。設置場所の環境にも注意し、適切な場所を選びましょう。ギャラリーメモリア東京日本橋では、お仏壇の設置場所についてのご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。